だーいしの「気づきのけり。」

気づいたことをつらつらと

おべんきょーときんとれとだいえっと③

①、②はこちらからどうぞ

a-kizukinokeri.hatenablog.com

a-kizukinokeri.hatenablog.com

 ここからは少しコアな話に入る

 

最近バラエティー番組で

 

芸能人の方がボディビルの大会に出るのを見るから

 

そういった競技が身近になったと思う

 

出場する方が最後にやる「追い込み」

 

減量などで体を絞って競技に合わせるアレだ

 

これって勉強でも同じことが言えそうだと

 

見ていてふと思ったのだ

 

「これ、ベースがないと意味ないぞ」と

 

つまり

 

もともと体ができている人じゃないと絞る絞らない以前の問題であり

 

体を普段から鍛えているからこそ

 

よりよく見せることができる

 

勉強でも、基礎的なところを押さえているからこそ

 

テスト前に追い込むことで

 

より高いアウトプットを期待できる

 

ただ実際問題として

 

テストを乗り切るだけなら

 

そんなことしなくても少し追い込めば

 

結果は出る

 

けれども、勉強は一生するものだ

 

一生するものだからこそ

 

継続的に行いたいのだ

 

そうそれは

 

自分自身の健康をよりよくする普段からの取り組み

 

つまりダイエットと

 

全く同じなのだ

 

したがって勉強は

 

脳のダイエットとも言えると私は考える