だーいしの「気づきのけり。」

気づいたことをつらつらと

越えるか、潰されるか

 すごい人と同じ時間を過ごすことで、自分への期待が高くなる

 

高いレベルの舞台に立つことで、より高みを目指そうとする意識が生まれる

 

目指したいものを目の当たりにすることで、自分への要求が強くなる

 

自分はもっとやれるだろ?

 

まだまだこんなもんじゃない

 

全然足りない、足りなさすぎる

 

高みを目指すあまり、人はバランスを崩すことがある

 

周りが見えなくなる

 

自分の体に異常が現れる

 

気づけば日々頑張ることが目的になってて

 

自分は何をしているんだろうと思うことだってある

 

高い目標を持って日々を過ごす人は、

 

越えるか、潰されるか

 

の日々なんだなと改めて感じた